HOMEおみくじ占い館 現在:PC版スマホ版へ移動 今日の運勢館おすすめカラオケ愛唱館
開運おみくじこどもみくじちびっこみくじ姫みくじ恋みくじ
にゃんこみくじわんこみくじおみくじ販売所お守り・お札販売所サイト情報
 

〔おみくじを結ぶ〕

 おみくじの「みくじ(神籤)」は、読んだ後に持ち帰るのではなく、神社境内の木の枝などに結びつける風習があります。「結ぶ」という行動が恋愛や結婚での「縁を結ぶ」という気持ちに通じることから江戸時代に定着したとされています。

 また、この「結ぶ」のは恋愛ばかりではなく、神様や仏さまとの「縁を結ぶ」と考える風習もあります。






 「凶」のおみくじを引いた場合、自分の利き腕ではない不器用な方の手で「結ぶ」とよいとする説もあります。これは不器用な方の手で困難を成し遂げたことにより、「凶」を「吉」に転じるとの考え方です。

 もともと、おみくじは教訓や戒めとして持ち歩くものだったとされていました。そのため、神社などでそのまま結びつけるのは「凶」の場合だけとする説があります。

 つまり「凶」をその場にとどめて「吉」に転じるように願う、さらなるご加護をお願いする場合だけだという考えです。

 一方で、たとえ「凶」であったとしても、自分への戒めとして持って帰るのがよいとの説もあります。

 このように、社寺境内の木の枝に結んで帰るという習わしがある一方で、自分への戒めとして持ち歩くのがよいとの説もあり、みくじ籤をその場で結んでもよいし、持ち帰っても何の問題もありません。最近は、おみくじを入れて大事に保管するための「おみくじ入れ」にも人気があります。

 おみくじには、神仏からのありがたい教えや教訓、そしてパワーが秘められているので、吉凶に拘わらず、おみくじをサイフなどに入れて持ち歩き、折に触れて読み返し、自分自身への戒めとするのがよいのかも知れません。

 この場合、そのおみくじは次回におみくじを引く際などに、お礼を込めて「納札所」に納めるのがよいでしょう。納札は、必ずしもおみくじを引いた社寺でなくともよいですが、神社のものは神社へ、寺のものは寺に納めるのが基本です。

 おみくじを木の枝に結ぶのは、樹木の生命力にあやかり願い事がしっかり成就することを願う、という祈りの気持ちも込められています。しかし、境内の木々にあまり無暗に結びつけると、木々を傷めたり景観を損なったりもするので、最近では「おみくじ結び所」が指定されている場合も多くなりました。

 あなたは、おみくじを結びますか、それとも持ち帰りますか? 次のようなことでどちらを選ぶか決めるとよいでしょう。

〔おみくじを結ぶ〕
 ・恋愛や結婚などの縁を結ぶ。
 ・神仏との縁を結びご加護を願う。
 ・枝に結び樹木の生命力にあやかる。
 ・凶のときは、凶をその場に留める。
 ・凶だったら、利き腕の反対側の手で結ぶことで困難を乗り越え、凶を吉に転じる。

〔おみくじを持ち帰る〕
 ・おみくじには、神仏のありがたい教えや教訓、パワーが秘められているから、吉凶に拘わらず、自分への戒めとして持ち歩く。
 ・折に触れて読み返し、自分の行いを正しく導く。

 尚、おみくじの結び方には特別な決まり事などありませんが、破れたりしないように丁寧に結びましょう。縦に折り目がつく方法で四つ折りして細長くしてから結ぶとよいです。



ページのトップへ戻る